黒じょか焼酎

黒じょか焼酎

芋焼酎を飲むなら、是非、黒じょかで飲んでみてください。
予め水で割っておいた前割り焼酎を、
黒じょかに入れ直火で温めて頂きます。
今までに味わったことのない芋焼酎の香りと味を感じられます。

薩摩焼酎のすゝめ

創業明治2年、姶良市にある鹿児島最古の焼酎蔵がある白金酒造。
どったんばっ炭がお勧めする薩摩焼酎です。

昔ながらの木樽蒸留

創業以来、国産米と鹿児島県で栽培されたさつま芋(黄金千貫)のみを使用し、
熟練した杜氏が一次、二次仕込み共に「かめ」仕込みで、
蒸留には木樽の蒸留器を使用して製造した、手造り焼酎です。

石倉ミュージアムにて

また白金酒造にある石藏ミュージアムは、
H13年に国の登録有形文化財に指定された「石蔵」にて、
「見て」、「感じる」製造工程の見学や、歴史を学ぶ事ができます。
西郷どんが西南戦争の際に蔵のすべての焼酎を買い上げた逸話も残っており、
是非、お近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。

石藏ミュージアム

手造り焼酎 石藏

どったんばっ炭でお出しする黒じょか焼酎は、
白金酒造の「手造り焼酎 石藏」です。

芋焼酎特有の匂いはなく、甘く高貴な香りが漂います。
味わいは高貴な香りそのままに口当たりも柔らかく飲みやすいです。
黒糖特有のコク感ではなく、
香りを押し出すような力強さを感じさせます。
格別な一杯を黒じょかでお楽しみ下さい。

磨き芋について

仕込み前の処理としてさつま芋をきれいに洗い、
皮をむいた上に、焼酎の苦味の原因となるヘタや傷んだ箇所を徹底して取り除きます。
人手をかけ、丁寧に処理された芋のことを「磨き芋」と言います。
どったんばっ炭でお出しする黒じょか焼酎は、
磨き芋を使用した焼酎をお出ししています。